2004年4月1日木曜日

ラター:無伴奏二重唱のためのアンセム

今週は寝る前に1曲、ラターの宗教曲です。この曲(Come down, O Love divine)は、ウェストミンスター修道院の混声合唱団のために1998年に作曲されたもので、昨日紹介した Arise shine とともにNAXOS盤が初録音とのこと。考えてみたら専属(みたいな)作曲家のいる修道院とか合唱団というのは、何と幸せな存在なのでしょうね。


非常に静かな曲で、深い祈りを感じることができます。女性ソプラノの声が天から降ってくるかのような印象です。ラストも消え入るかのように合唱が糸を引いて終わる、それはそれは奇跡のように美しい曲で、効果テキメンで眠くなってまいりました。



●ラター:レクイエム、宗教音楽集(NAXOS 8.557130) より