2004年4月11日日曜日

イラクの人質解放?!

朝7時のNHKを付けたら人質を24時間以内に解放するとのこと。その後昼前に解放するとの追加情報も放送局に届いたとのこと。

私は「???」という思い。テロリストは人質の親の懇願する姿を見て考えを変えたと、イラクの指導者から連絡があったと。その中で日本政府はどこまで役割を果たせたのでしょう、政府に直接連絡は全くなかったそうですし。

そういう意味では「ソフト戦略」「力による解決ではなく穏健派との共同関係」が紛争解決に奏効することを示したといえますが、どこか腑に落ちません。



声明文では人質を解放するというカードを放棄しながらも「自衛隊撤退」を求めています。そもそも、なぜ米軍ではなかったのでしょう。シーア派の逮捕された指導者を解放せよとか、諸悪の根源である「米軍のファルージャ包囲を止めろ」とかいう要求は全くしていませんしね。

イラクには日本に好意的な人もいるそうですし、また声明文でも「広島」や「長崎」に触れていますから、日本に対する知識もあるようです。それゆえに日本の対米追従と自衛隊派遣を「裏切りである」と捕らえたのでしょうか。

我々は外国の友好的な市民を殺すつもりはないと』と声明文にありますが、ということは最初から殺すつもりはなかったのですね。丸腰の若者たちですから、イラクに敵対しているとは普通思いません。しかし彼らや彼女がアラビア語を話せたとは思えず、英語を話すと「敵国言語」と思う民族です、若者であるだけに組しやすく利用価値ありと拉致拘束したのかも知れません。だから人質に利用価値なしと判断(自衛隊撤退は早期に否定されたため)し、今回の解放に至ったと思われますが、どうやらプロのテロリストではないようです。

いずれにしても武装集団の言動には不可解な点が多く、自作自演説に傾く声も一部では聞こえてきますが(こちらにも疑問)、まずは無事帰って来れることに、安堵いたします。