2006年7月1日土曜日

[読書メモ]町田文学のエッセンス

町田文学のエッセンス、根本的なパターンに変化はない。


  • ダメ人間と現実のねじれ

  • 奇行と狂気

  • 本人が真面目であり、世間の期待に応えようとしつつも結果は異なる方向にしか向かわない

  • 自分を客観視

  • 自虐的な喜劇

  • 人生に対する余裕