2004年9月6日月曜日

Google Newsの衝撃

ネットは新聞を殺すのか」というブログで紹介されていた、Googleニュース、確かに凄い。こういうサイトを待っていたような気がします。


何が凄いかって、紹介サイトにもあるように、記事の収集が自動生成であるというとこと、『短時間に1つのクラスターの記事数が急速に増加するということは、数多くの報道機関が1つのテーマで記事を次々と発信しているということ。すなわち重要ニュースということになる。』ということ。新聞各社のビジネスモデルの変革にまで言及しているエントリーは一読の価値あり。


こうなると、マイナーなニュース、Googleが捨ててしまった記事に重要な記事があることを、誰が嗅覚を持って拾い上げるのか、ここらへんも気になるところです。




Googleニュースに登録しているサイトは現在610。関連記事がひとつのクラスターに集められているので、気になる記事を読んでいると普段なら訪れないローカルなサイトをクリックしていたりする。これは、地方誌のアクセス数向上というメリットを生むことに繋がるのかもしれない。


逆に言えば、自分のクリックしたニュースサイトが、どのような傾向のサイトであるのか熟知していないことも生ずるわけで、情報の洪水の中で自分のスタンスを見極めることが更に重要になってくる。


今のところ、大手でどこがGoogleニュースを拒否しているかは不明。これも興味深いところである。(おおよそ、あそこと、あそこかなと・・・)