2001年1月2日火曜日

私のフルート歴 その4(1996年1月~12月) ガリボルディ作品131

ガリボルディの練習曲はアルテスをやったら、必ずやる練習曲である。

アルテスよりは音楽的で面白い曲が多い。でも吹くとちっとも音楽的にならない、スラーはガタガタ変なアクセントが付くし、三拍子系の拍が全然取れない。

本当にアルテス1巻やったのか?と疑問になるくらいにこの曲集は吹けなかったのだけが、あれよあれよ問い間に番号だけは進んでゆくのであった。

ガリボルディも加藤元章さんのCDがあることを知ったので、これも購入してみた。アルテスのCD聴いた時と同様に、再び呆然としてしまった。音色の美しいこともさることながら、あのつまらない練習曲を非常に音楽的に高めて吹いていたのである。