2006年1月8日日曜日

恥知らずか気が狂ったか想定内か


何かと話題の多いライブドアの堀江氏です、TV CFで赤いウィンドブレーカーを着てくるくる廻っていたかと思えば、今度は歌手デビューなのだそうです。


自分の生き方や考え方を反映したいと作詞に挑戦、80年代テイストが入ったポップス系の曲調になる予定。堀江氏のポケットマネーでインディーズレーベルを設立、ライブドアのオンラインショップなどを通じて販売する。
(gooニュースより)


これを読んで、「想定内」と思う人は、それほどいないだろうとは思うし、彼には何の興味もありませんが、ちょっと考えてみると、それほど意外なことではないのかもしれません。というのも、本人にとっては、たまたまライブドアのIT系企業で有名になりましたが、彼の原動力や実現したい理念は純粋な企業活動にあるのではなく、自分自身をプロモーションすることなのではないかと思うからです。「ホリエモン」が商品なんですね、「ホリエモン」の内容は何だっていいんです。


そう考えてみれば、企業買収劇も選挙活動も、その一環の中での活動であって、彼が歌手に失敗した次に格闘技かお笑いに転向したところで驚きはしません。彼の下で働く人こそ、いい迷惑でしょうが。それにしても、今年もサムイですね。