2008年10月29日水曜日

新宿Disk Unionにて/ガッティ、サイ、アムラン


新宿ディスクユニオンに脚を伸ばし、いくつかの中古CDを物色。このごろCD購入及びレビュ意欲が激減している中、散々彷徨ってゲットしたのが下の3枚。





Tartini:Concerti/Ensenble415

Chiara BAnchini,Enrico Gatti(violons),Roel Dieltiens(violoncelle)

1995 harmonia mundi 901548(→amazon)



演奏は1981年に結成されたEnsemble 415(→HP)によるもの。Enrico Gattiが演奏しているということで購入したもの。Gattiは2曲目のConcerto pour violon et orchestreをソロで担当しています。Gattiのヴァイオリンも良いが、Dieltiensのチェロも深く渋くよろしいです。日曜日の朝とかは、こういう曲を聴いて、ゆったり、まったりとしていたいものです。




Black Earth/Fazil Say

Black Earth,Silence of Anatolia,Obstinacy,Paganini Variations,Alla turca-Jazz



サイのアンコール曲を集めたようなCD、中古にしてやっとゲット。「ブラック・アース」はコンサート会場で聴くと戦慄ものですが、CDでは何度も聴きたい曲ではありません。パガニーニとモーツァルトの変奏曲、こちらは相変わらず圧巻。モーツァルトの編曲は耳に馴染んだものとはバージョンが若干違うように聴こえます。サイは年末の来日に合わせて新譜も出ていて気になるのですけど、とりあえず当分無視とします。




Alkan/Hamelin

Concerto for Solo Piano

Nos.8,9&10 from Douze Etudes dans tous les tous mineurs,Op.39




アムランはアルカンを二度録音しています。これはHyperion版の前のもので録音は1992年。わざわざ買わなくてもNaxos Music Libraryで聴くことができます。You Tubeでもアムランのアルカンはいくつか聴くことができます。無知な私には、この曲のどこがピアノ技巧的に難曲であるのかは分りません。あまりに鮮やかなアムランの至芸に、結構病みつきになりました。