2009年7月25日土曜日

川越ビール

近所のコンビニで「川越ビール COEDO」なるものをみつけました。ラベルにはモンドセレクションやら欧州最大食品品評会iTQIでれ族三ツ星受賞とか華々しい経歴が。

5種類発売されている中で、コンビニには4種類のビールが。

  • 瑠璃 -Ruri-
  • 紅赤 -Beniaka-
  • 伽羅 -Kyara-
  • 漆黒 -Shikkoku-

地ビール系のアクのある味を想像していたら、以外に味も個性もあって、なおかつある程度の洗練も感じられる。確かにこれはおいしい。特に黒ビールの「漆黒」と川越産金時薩摩芋を使った「紅赤」は甘口ながらもなかなか。私は結構、甘口のお酒も好きなんですよね(クリーム・シェリーとか、貴腐ワインとか、本当においしいですよね、普段は飲みませんけど)。

本格的なビール好きの方からすると、物足りないという感想もあるようで。ベルギービール好きの私としては、 こういう個性的なビールを手軽に飲めることは歓迎です。味のあるビールでアルコール分が多少強いですから、ゆっくりと楽しむこともできますし、ちょっと贅沢な時間を過ごせます。

川越は目と鼻の先ですから、夏休み中に行ってみようかなどと考えています。