2008年1月11日金曜日

iTunesストアの1500円パッケージ


Schweizer_Musikさんの鎌倉スイス日記で知ったのですが(→こちらhttp://suisse.exblog.jp/7941121)、iTunesストアでアバドのマーラーとか全集とかアーノンクールのベートーベン全集、カラヤンのブルックナー全集、ベームのモーツァルト全集などが、なんと一律1500円で入手できるそうです。で、久しぶりにiTunesストアをのぞいてみますと嘘であるわけがなく、ちょっとした驚きに包まれてしまいました。



賛否あるアバドのマーラーは私も何枚かは所有しています。それでも全てを揃える程には熱心なクラファンではない。また、今さらカラヤンのブルックナーやベームのモーツァルトもないものだとは思いますが、そこは1500円という激安な値段設定。カラヤンのブルックナーのピンクっぽく輝くボックスを買うのを逡巡したン十年前を思い出します。モーツァルトの交響曲の聴き始めはベームです、なんたってクラシックを聴きはじめたのは3×年以上前のことです。


これらを入手したところで、全部聴くことなど到底できそうもありません。しかしやはり1500円の魅力に抗いきれず、アバドのマーラー、カラヤンのブルックナー、アーノンクールのベートーベンを購入。CDを入れ替える手間もなく、ビュンビュンと(実際の体感速度はそんなに速くない)数十枚分のCDがダウンロードできます。


ネットで曲を購入することに、いまだ違和感はあるものの、物理的実体をもった開封していないボックスが棚や机上に鎮座している景色というのは精神衛生上、家庭生活上良いものであるハズがありません。イロイロな意味で便利な世の中になったものだなあと・・・思います。